クリップしたファンド
    最近みたファンド

      ファンド検索

      内外区分
      投資対象資産
      投資地域・テーマ
      決算頻度
      資産運用について

      投資信託で運用を始める、その前に

      • 初めての投資 資産運用は難しくない!

      「投資は大切」と分かっていても、何から始めればいいの?

      分散投資はプロに委ねるのが成功への近道では?

      ひとつの資産クラスや銘柄に集中するのではなく、多くの投資対象に分散を図るのが投資の大原則です。とはいえ投資商品の選択肢は実に多彩。分散投資はたしかな知識と情報を持った、資産運用のプロの手に委ねるのが成功の近道ではないでしょうか。


      ■動画でみる「はじめての資産運用」

        第1章 「これからの資産」を考える
        第2章 NISAを活用してみる
        第3章 資産運用の具体的な方法

      プロが投資対象を選ぶ“投資信託”

      プロが運用する「投資信託」ならではの3つのメリット

      私たちアセットマネジメントOneは「第一生命ホールディングス」と「みずほフィナンシャルグループ」が出資する国内最大級の資産運用会社です。
      特に、年金基金や金融機関など多くのプロのお客様からも運用を受託し、年金の受託残高は国内運用会社の中で最大級です。多彩な投資信託のクオリティは個人投資家のお客さまの間でも高い評価をいただいています。

      「時間分散」のメリット

      「時間分散」で購入価格を低く抑える効果

      いざ投資を始めるときに悩ましいのが、スタートのタイミング。
      より安値で買うのが理想ですが、マーケットのタイミングを読むのは簡単ではありません。
      そこでご紹介したいのが、「時間分散」という発想。一括で買うのではなく定額を何回かに分けて投資するという方法で、「ドル・コスト平均法」と呼ばれています。
      時間分散することで、価格の高いときは購入数量が少なく、価格の低いときは購入数量が多くなり、一括で買うよりも平均購入価格を低くする効果が期待できます。
      金融機関には指定口座から毎月自動的に定額を買い付ける「投信の積み立て投資」のサービスを提供していることがあります。

      時間分散の計算

      ※購入時手数料は考慮していません。
      ※1口=1円のファンドとします。
      ※上記イメージ図内の表示金額はあくまで例示であり、費用・税金等は考慮しておりません。
      ※上記はドル・コスト平均法を表したイメージ図であり、実際の基準価額を示唆するものではありません。また、将来の市場動向等を示唆・保証するものではありません。
      ※投資対象資産の値動きによっては、上記のような資産効果が得られないことがあります。
      ※購入口数および平均購入単価は単位未満は四捨五入して試算しています。

      ライフステージや投資知識に応じたチョイス

      投資信託の種類はたくさんあって、どうやって商品を選べばいいか、わからない!そんな悩みをお持ちの方も少なくないはず。

      「自分に合った投資信託」を見つけるにはいくつかのポイントがあります。

      投資信託はライフステージなどに応じたチョイスを

      投資を始める目的は一人ひとりさまざま。リスクに対する許容度や年齢などのライフステージなどに応じて多様な「投資との向き合い方」があります。

      ライフステージごとの場合...

      • 資産形成期 お子さまの成長やご自身の老後といったライフイベントを見すえて時間を味方につけた投資を。
      • 退職準備期 退職が近づくほどリスクを抑えた手堅い運用を。
      • 退職後 年金を補う安定的な分配金収入が期待される運用を。
      上記はあくまで例示です。

      「おまかせ型」から個性的な商品まで……彩り豊かなラインナップ

      「おまかせ型」といわれるバランスファンド

      株式や債券、不動産……いろんな資産があって、どんな配分にすればいいかわからない。そんな方には「おまかせ型」といわれるバランスファンド。私たちが最適と考える資産配分の決定はもちろん、市場環境に応じた機動的な見直しも行います。

      投資先をしぼったり、投資手法に特色のあるファンドを!

      「将来の投資先の大きな成長に期待したい」「安定的な分配金がほしい」など、投資に期待する役割はさまざま。
      一人ひとりのニーズなどに応じて、多彩なチョイスの中から投資対象や手法の異なる複数の商品を選ぶことも可能。
      「おまかせ型」の商品を中心に据えつつ、テーマや投資地域、投資資産をしぼったり、投資手法に特色のある商品を使って、こだわりのポートフォリオを作ることもできます。